まんが王国情報

転落女子地獄 蜘蛛の巣貧困のゴミ屋敷とトイプードルと私は現代女性の病を描いた作品です

 

↓無料会員登録はコチラ↓

 

転落女子地獄 蜘蛛の巣貧困のゴミ屋敷とトイプードルと私は現代女性の病を描いた作品です

 

2018年最高の話題作、「転落女子地獄 蜘蛛の巣貧困」で最も人気になっているのが、「ゴミ屋敷とトイプードルと私」です。この作品は、インターネット上でも非常に話題になっている作品です。

 

意識高い系女子の悲劇を描いた作品になっていて、いつまでも、お嬢様気分から抜けきれない女性の最悪の結末を描いています。

 

この作品で注目なのが、現代女性にとってSNSは、もはや、危険なストレスツールの1つとなりつつあるという事実です。

 

この話が非常に話題になるということは、SNSで見栄をはるために、いろいろと無理をして散財し身の破滅を招いてしまっている人は意外と多いからかもしれません。

 

まんが王国では、ゴミ屋敷とトイプードルと私のような女性漫画もしっかりと配信されています。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私ネタバレ

 

34歳の意識高い系女子、明日香は、毎日、SNSに見栄だらけの写真を盛んに投稿しています。会社のマドンナとなることに明日香は、特別の執念を燃やし続けます。虚栄のためにトイプードルやブランドバック、高級ランチ、流行のコスメなどをクレジットで散財。

 

クレジットカードの借金もすべて父親に背負わせ金銭感覚も完全に麻痺してしまいます。

 

そんな状態で家の中の掃除や洗濯など家事はいっさいせず、自分磨きに忙しい生活を送り続ける明日香。

 

自堕落で見栄ばかりの明日香を諭す姉の今日子。しかし、明日香は今日子の忠告など全く聞き入れません。それどころか、今日子の夫に誘いをかけて不倫までしてしまいます。

 

やりたい放題の明日香でしたが、ある日、後輩のサヤとランチを供にした際、クレジットカードが利用できないと言われ腹を立てます。

 

後輩の前で、恥をかかされたことに激怒した明日香。自分のクレジットカードの返済をしていない、父親へ抗議しようとします。しかし、父は、くも膜下出血で倒れ再起不能に。

 

借金の返済に行き詰った明日香は、最後の手段へ。取り引き先のスケベ中年、通称ハゲダヌキと援助交際までしてしまいます。しかし、その後、ハゲダヌキとの肉体関係が会社の人間たちにバレて社内で大きな話題に。ハゲダヌキとのキスシーンまでSNSに投稿され明日香は精神的に追いつめられてしまいます。

 

明日香は自分に対するいろいろなウワサ話を聞くうちに、自分が会社内で浮いた存在であったことが気づきます。しかし、そのことを素直に認めたくない明日香は、その後、とんでもない行動に出てしまいます。

 

ゴミ屋敷とトイプードルの感想

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私を読んですぐに気づくことがあります。それは、最近の女性コミックでSNSを使った女性が泥沼の人間関係に陥ってひどい目にあってしまうという作品が異常に増えたということです。

 

しかも、そのほとんどがヒット作となっています。代表的な作品を紹介すると、まず、凪のお暇ですね。

 

凪のお暇は、すごく明るいギャグ漫画のような絵柄ですが、内容に関してはかなり深刻な物語です。この話を読むと、平和で楽しそうな大人の女性たちも実態はすごくたいへんな精神世界を生きているのだと驚く人も多いと思います。

 

明るい節約生活を送っている主人公の凪もSNSで大きな心の傷を負ってしまいます。そんなに面倒くさい人間関係を引きずるぐらいなら、SNSなんかやめてしまえと思ってしまうのですが、大人のOLの生活はそんなにたやすくないことがこの作品を読むとよく解ります。

 

そして、凪のお暇と同じくSNS系の女性漫画で人気化しているのが、SNS地獄です。

 

この作品も、ゴミ屋敷とトイプードルと私に話が非常に似ています。主人公が、SNSで見栄をはるために無理を重ねて散財。ひどいトラブルに巻きこまれてしまうという話です。

 

やはり、この作品も、意識高い系の女性が主人公になっています。

 

SMS地獄の場合、地方から出てきた大卒の女の子の現実みたいなところが非常に共感されているようです。東京は女性が1人でかっこよく生きるにはすごく難しいことがこの作品を読むとよく解ります。

 

景気が少しよくなったとはいえ、まだまだ、現実はあまくないのです。

 

そして、SNS系の作品でゴミ屋敷とトイプードルと私に匹敵するぐらいに話題となっているのが、不幸を呼んだ3億円宝くじ〜残酷な主婦友物語〜です。

 

この作品は、SNSを使ったママ友たちの神経質で冷酷な人間関係を描いた作品です。すごく可愛い絵柄なのですが、内容は、転落女子地獄 蜘蛛の巣貧困よりももっと残酷です。

 

転落女子地獄 蜘蛛の巣貧困では3人の女性主人公がひどい目にあうわけですが、不幸を呼んだ3億円宝くじ〜残酷な主婦友物語〜では、人が死にます。

 

SNSを中心とした人間関係が一歩間違うと、いかに危険かが、この作品を見るとよく解ります。

 

これらSNS系の残酷な女性漫画が人気化している理由は、現実社会でも、SNSで深刻なトラブルが起きているこ原因ではないでしょうか。SNSの利用については、これらの作品の主人公たちのように泥沼の人間関係に陥らないように気をつけなければならないですね。

 

↓無料会員登録はコチラ↓