凪のお暇(なぎのおいとま)情報

凪のお暇で考える女性にとって本当に高学歴、大都市在住は幸せか!?

 

↓無料サンプルはコチラ↓

BookLive! 凪のお暇

 

凪のお暇で考える本当に高学歴、大都市在住は幸せか!?

 

凪のお暇では、主人公の凪が、OLを辞めてアパートに引っ越すところから本格的に物語がスタートします。

 

物語では、一般論として、凪は、負け組そして、貧困女子の仲間入りとして描かれています。普通にこの作品を読めば、そう思ってしまうでしょう。

 

しかし、私には、アパートに転居した凪が負け組もしくは貧困女子の仲間入りとなったとは全く思えないのです。

 

都市部に住む女性と地方に住む女性の違いというのは、この物語のテーマでは全くありません。それでも、凪は北海道出身で単身で東京に来た女性です。

 

彼女が東京出身で両親ともに東京にいたとしたら、この物語は全く違う展開を見せたはずです。ですから、間接的に物語に関係しているし凪の精神性にも北海道出身というのがすごく影響を与えたことは間違いないです。

 

ですから、全く違った観点から凪のお暇を語ってみたいのです。

 

高卒で地元の事務で勤めるのと、大都会の一流企業、幸せはどっちだ!?

 

私は自動車生産で最も有名な某県に住んでいます。そこでは、だいたい自動車関連の会社に勤める子供が40%ぐらいいると思います。

 

地元で大企業となると、だいたい高卒の人は中堅で自動車のライン仕事の会社に入り、大卒では、背広を着て長時間労働になります。

 

どちらもキツイですが、給料はしっかり出ます。

 

そんな土地柄だからかもしれませんが、今でも私の住んでいる某県は専業主婦が多いですよ。働いている人でもせいぜいパート労働程度の人が多い。

 

それでも、おそらく、これから10年でほとんど、専業主婦は絶滅するでしょう。それは単純に今の自動車関連企業が今の団塊の世代の人たちと同じような給料は払えないからです。
だから、もうすぐ、専業主婦は日本社会の死後となる日がやって来るはずです。

 

そこで、それが問題だという人もいますが、私はどうしてもそうは思えないわけです。というのも、今高卒で、地元の自動車関連の会社の中小企業に勤めている人はたくさんいます。

 

事務で勤める人がほとんどなんですが、正直、仕事はすごくラクです。時間を持て余すので、現場仕事の部品検査なども手伝っていますが、ラクなもんですよ。

 

小学生でもできることをゆっくりおしゃべりしながらやればいいのです。残業なんかほとんどありませんので、仕事的にはこれほどいい仕事はありません。

 

当然のごとく、給料は安いです。おそらく、高卒で事務だと15万円程度じゃないでしょうか。それでも実家通いならば、すぐにお金は貯まります。

 

現実問題として、へんな男と関わったりホスト遊びなど覚えないかぎり、非常に条件はいいと思いますよ。

 

どうしても幸福とは思えない東京の大企業勤め

 

同じ日本社会でも、そんなのんびりして高卒で働く女の子がいる一方で、東京の一流大学を出て大手電気メーカーに就職して深夜までバリバリ働く女の子もいます。

 

私が知っているある女性は、深夜12時過ぎまで働いて海外出張まであって電車で、毎朝、1時間ぐらいかけて通勤して働く女性がいます。

 

まだ、20代なのに、給料は手取りで30万円程度もらい、それでボーナスは50万円以上もらいます。いい給料だと思いますが、都会暮らしの現実を知ると絶対にうらやましいとは思えません。

 

正直、こんな働き方をしていて、定年まで持つのかとこっちが心配になります。

 

仕事内容の詳細までは知りませんが、すごいノルマがあって成果給になっていて仕事はキツイそうです。

 

凪のお暇の主人公、凪は、この都会的働き方と地方的の働き方の2つの選択を迫られている!?

 

私は凪のお暇を読んでいると、働いている当時の凪は、都会的な生き方しています。そして、アパートへ引っ越してからは地方的な生き方をしていると言えます。まだ無職の凪ですが、そのうちに低賃金の事務か何かの仕事を探すはずです。

 

物語が進行すれば、凪も地方的な生き方や働き方の方が自分に向いていると感じるはずです。

 

だからといって、地方的な働き方の職場が人間関係がやさしいとはかぎりません。しかし、都会的な働き方のような時間拘束はないので、精神的にはぜんぜんラクです。

 

ひょっとすると、凪のお暇がヒットしている原因は、今の女性労働者全体で、この2つの生き方、働き方のどちらを選ぶか選択を迫られているからかもしれません。

 

↓無料サンプルはコチラ↓

BookLive! 凪のお暇

 

 

・凪の精神性について思うこと

 

・凪のお暇、我聞慎二で解る現代女性は絶対知っておくべきサラリーマン社会の現実

 

・凪のお暇を読んでブラック労働について考える