凪のお暇(なぎのおいとま)コナリミサト情報

凪のお暇を読んで思う日本社会の2極化

 

↓無料サンプルはコチラ↓

BookLive! 凪のお暇

 

凪のお暇を読んで思う日本社会の2極化

 

凪のお暇を読んで痛感するのは、この話は、日本社会の一部の文明的な世界の話だということです。この漫画は、厳しい現実社会の実態を前向きにコミカルに描いている作品で甘えてばかりの女性漫画ではないと主張する人はたくさんいます。

 

しかし、そういう人ははっきり言えば世間知らずでしょう。

 

凪のお暇もけっこうぎりぎりのサラリーマン社会の現実を描いていますが、もっと非文明的な世界は日本社会にはたくさんあるのです。

 

凪のお暇は都会の大企業の世界の話

 

これは現代を生きる働く女性に解ってほしいのですが、地方は悪い会社がいっぱいあります。都会とくに東京にもここ数年ブラック企業という形の労働詐欺の会社がたくさん出現しましたが、地方はまた別の形の地方版ブラック企業とも言うべき会社があるのです。

 

この漫画を読むと、思うのは、会社のみなさんしっかりと、敬語をしゃべってあいさつをしている。

 

そして、何か頼む時もしっかりと、申し訳ないのですが、これお願いしますといって話しぶりですね。しかも、会社の女性のみなさんはしっかりとした服装をしています。

 

それに、おそらくは、1ヶ月の勤務のうち、しっかりと、毎日仕事に来ますよね。

 

「そんなこと当たり前じゃないか」と思う人はいるかもしれませんが、これが当たり前でない会社はたくさんあるのです。

 

まだまだ凪は地方のブラック企業の現実を知らない

 

今から書くことはある超有名会社の下請け会社中小企業の話です。私は、いろんな会社を回る仕事をしていたので、おそらく、普通の人の100倍はいろんなの会社の内情に詳しいです。

 

ある都市部の周辺の中小企業をそれはたくさん周りましたよ。その中で気づいたのですが、日本の中小企業は完全に2極化していることです。

 

繰り返しますが、これは、ある都市部の超有名企業の下請け会社のことです。

 

ある会社に初めて営業に行った時に異常な光景を目にしました。それは、ある部品検査の仕事をしている女性たちの口ケンカです。

 

「あーこの女、○○さんと不倫してます、工場長」

 

そんなことを言いながら、女の人たちが激しく口論しているのです。

 

徹底的に言い合いを繰りかえした両者を見てその会社の工場長は、一言。

 

「そんなにくやしかったら、結婚してみろ!」

 

などと、女の人に怒鳴りつけていました。

 

それに、この会社の古株の男性社員は、ある60代ぐらいの女の人の顔を見ると、固有名詞で、

 

「おい、ババア、久しぶりだな、元気か?」

 

「最近、よくミスばっかりしやがって、テメェ、ちゃんと仕事しろよ」

 

こんなことを日常会話で普通に話すのです。

 

それにこの会社の工場長は、ある黒い崩れた不良部品を持ってきた60ぐらいのおばさんに

 

「お前の乳首みてぇだなー」

 

などと言うのです。これは本当の話です。これはしっかりとした大企業ではパワハラとかセクハラの部類じゃないのですか。

 

地方のブラック企業には、こんな話は腐るほどあります。だから、凪の姿を見ていると、その程度でくじけちゃいけないよと言いたくもなります。

 

パンのミミを昼ごはんに食べる女性

 

凪のお暇で主人公の凪はいろんな節約術を駆使して賢く料理や家電製品など利用します。それに、貯蓄も100万円ぐらい持っていて、それなりに楽しく生活している姿が物語になっています。

 

この凪の失業中の生活を見て、貧困と思うのは、おそらく、大企業に勤めているとか、中小企業の勝ち組に勤めている人のはずです。

 

会社勤めで、しっかり働いていて、しかも、熱を出しても会社に来て、月の残業100時間(製造業の現場仕事ですよ)、勤続年数20年の女性でも凪よりもはるかに生活が苦しい女性はけっこういます。

 

普通それだけ働けば、昼飯ぐらいコンビニ弁当ぐらい食えよと言いたくなりますが、パンのミミだけ、もしくは、ご飯にふりかけだけ食べている女性がいます。

 

しかも、この女性こじきみたいに、お金がありそうな男性から食い物を奪ったりするのです。

 

ある時などは、会社の上司が、喫茶店のモーニングを食べて会社に来た時に、その女性はいきなり、その上司のポケットに手を突っこんでゆで卵を1つ抜き取りました。

 

「もってきた?」

 

半ば強引に奪いとったように私には見えました。

 

おそらく、本当にお金がなくて飢えていたのだと思います。だから、食べたくて奪いとったのです。その上司とどういう合意があったのか知りませんが、もう女性の貧困というのは地方では普通に働いている女性でそこまでのレベルに達しているのです。

 

↓無料サンプルはコチラ↓

BookLive! 凪のお暇

 

 

・凪のお暇、我聞慎二で解る現代女性は絶対知っておくべきサラリーマン社会の現実

 

・凪のお暇を読んでブラック労働について考える

 

・凪のお暇で考える女性にとって本当に高学歴、大都市在住は幸せか!?